外壁塗装・屋根塗装・補修

大阪府四条畷市・法人社員寮

2022年11月17日

木造3階建て法人社員寮の外壁・建具塗装事例

施工概要 / OVERVIEW

【地域】大阪府四条畷市 【施工内容】法人社員寮 【工期】29.5人工、2週間 【施工箇所】外壁・建具 【建物構造】木造3階建て

工程の概要 / PROJECT DETAILS

【1】足場組み・シート養生 【2】外壁の高圧洗浄 【3】外壁補修・シール打ち替え 【4】養生・外壁の塗装(下塗り→中塗り→上塗り) 【5】建具等の鉄部塗装(下塗り→中塗り→上塗り) 【6】シャッターの塗装(下塗り→中塗り→上塗り) 【7】カーポートの屋根材交換 【8】足場の解体

木造3階建て法人社員寮の外壁を白色に塗装、建具等の鉄部を黒色に塗装

今回ご紹介するのは大阪府四条畷市にて、木造3階建て法人社員寮の外壁と建具等の鉄部の塗装を手掛けた事例です。 お客さまは、建設業を営む法人の代表様で、以前よりお付き合いがありご相談いただきました。 特に雨漏り等も発生していない建物でしたが、定期的なメンテナンスとして塗装工事をしてほしいとのことで外壁と建具等の鉄部の塗装を実施しました。
Before
After

外壁・建具等の塗装工事の内容

それでは、今回の作業の流れをご紹介します。

【1】足場組み・シート養生

外壁を塗装するための足場の仮設工事を行います。 足場は作業をスムーズ、安全に実施するためのものですが、足場だけでなく足場の外側にブルーシートを使用した養生を行います。 理由は、吹き付け塗装を実施する際、塗料が周辺に飛散するのを防ぐためです。 当社は吹き付けによる塗装を得意としており、養生作業に関してもたくさんのノウハウを持っています。 周囲への飛散は大きなトラブルを生むため、丁寧に作業を行う必要があります。

【2】外壁の高圧洗浄

次に、外壁の高圧洗浄を行います。 高圧洗浄は、塗装を長持ちさせるために重要な作業です。 外壁表面の汚れを取り除かないまま塗装をすると、仕上がりの見栄えが悪くなるだけでなく、塗装がはがれてしまう可能性が高いためです。

【3】外壁補修・シール打ち替え

外壁の洗浄が完了すると、次は外壁の補修と、外壁材として使用されているサイディング材の目地のシールの打ち替えです。
目地のシールは、使用されているシールを取り除き、新たにシールを打ち直しします。
経年劣化によって、シール材は劣化します。 そのまま放置すると目地の隙間から雨水が侵入し、雨漏りが発生する懸念があるため、打ち替えが必要です。

【4】養生・外壁の塗装(下塗り→中塗り→上塗り)

外壁補修とシール打ち替えが完了すると、次に鉄部の養生を行います。 外壁は、吹き付けによる塗装を行うため、塗装したくない部分を養生シートで覆う必要があります。 すべての養生が完成したのち、外壁の塗装を実施します。 まず、プライマーと呼ばれる下塗りを実施します。 プライマーは、外壁材と次に塗る中塗り材との密着を高める役割があります。 プライマーが乾燥したのち、中塗りを実施します。
中塗りが乾燥すると、次に仕上げとなる上塗りを実施します。
今回の塗装工事では、中塗りと上塗りは、「エスケー化研 水性セラミシリコン」という塗料を使用しました。 お客さまのご要望で、色は真っ白で仕上げています。
吹付塗装は刷毛を使用した塗装と比較すると次のような特長があります。・仕上がりがきれい ・塗装スピードが早い ・手直しの少ない(ほとんど発生しない) ・塗料を少なくすることができ、塗料無駄遣いがなくなるといったことが挙げられます。 写真のようなエアコン配管カバーの裏側にも、きれいに塗料が入り、塗り残しなく仕上げることができます。

【5】建具等の鉄部塗装(下塗り→中塗り→上塗り)

外壁の白色の塗装が完了すると、次に建具等の鉄部の塗装を実施します。 窓枠から取り外せる雨戸は、取り外しのうえ、吹付塗装を実施しました。
外壁同様に、下塗りとなるプライマーを最初に吹き付けます。 次に中塗り、上塗りを吹き付け塗装により、実施しました。 今回使用した塗料は「ロックペイント 2液型ユメロック」という塗料で、お客さまのご要望で黒色を選択しました。
窓の上部にある庇(ひさし)は、塗装範囲が狭いため、刷毛塗にて塗装しました。
換気口のフード(写真中央の丸い形状のもの)も同様に、黒色に塗装しました。

【6】シャッターの塗装(下塗り→中塗り→上塗り)

シャッターについては、黒色ではなく薄いグレーをご希望でした。 他の鉄部と同様、下塗り、中塗り、上塗りの3層で仕上げました。

【7】カーポートの屋根材交換

劣化し波打ったカーポートの屋根カーポートの屋根が劣化しており、ポリカーボネートでできた屋根材(透明)の1枚が割れていました。 割れた1枚の交換をご希望されていたため、塗装工事と同時に実施しました。

【8】足場の解体

全ての作業が完了すると、最後に建物全体を覆っていた養生シートを撤去し、足場の解体を行います。

まとめ

今回は、木造3階建ての法人社員寮の外壁と建具の塗装を実施しました。 特にトラブルは発生していない状態でしたが、定期的なメンテナンスを実施すべき時期に至っていたため、塗装工事をご依頼いただきました。 当社では今回のような法人社員寮の外壁塗装、建具等の塗装を積極的に行っております。 吹付塗装を得意としており、きれいな仕上がりにも自信があります。 まずはお気軽にご相談ください。 ⇒ 熟練の職人による外壁塗装・建具塗装をお任せしたい方は、村上塗装工業までご相談ください。

TOP
TOP